教育研究等環境の整備に関する方針

本學は、建學の精神および使命?目的を実現するため、
以下のとおり教育研究等環境の整備に関する方針を定める。

① 施設?設備の整備に関する方針

  • 本學は、同一課程內で複數領域の學修が可能であることから、一つの大學組織の中に様々な領域を得意とする學生や院生、教員や研究員が存在する。小規模大學であることを活かし、各構成員間のコミュニケーションがより円滑となるよう、物理的な利便性にも配慮した施設?設備の整備に努める。
  • 専門領域に関連する施設?設備においては、教育とのバランスを鑑みながら、可能な限り産業界と同等の環境整備に努める。

② 図書館の整備に関する方針

  • 「メディアライブラリー資料収集方針」にて、資料収集の目的、原則、範囲、基準、方法等を定め、系統立った資料収集に努める。
  • 「メディアライブラリー指針」にて、資料の収集に留まらず、「世界を発見すること、多様性と出會うこと、興味関心を喚起すること」「情報発信と話題作り」「上質な読書とメディア體験ができる空間プロデュース」の三點に重點を定め、これらを促進する活動を行う。

③ 情報環境の整備に関する方針

  • ICTを活用した學修、教育、研究、および事務業務のために、必要な教務システムやネットワーク等の情報基盤および運用體制を整備する。
  • 特にCGやVR等の負荷の高い作業を行う情報端末においては、概ね2年を目安に環境を刷新すべく、情報端末の全學的な循環に創意工夫をもって整備する。
  • 設置會社による「情報システム規定」に基づき、情報システムの有効性及び効率性、準拠性、信頼性、可用性、機密性を確保する。

④ 教員の教育研究環境等の整備に関する方針

  • 実務家教員が多數在籍していることを前提とし、授業運営等について、職員を中心に、積極的に教員の教育活動の支援を行う
  • 研究活動において、不正行為および研究費不正使用の防止の取り組みとして、各種規則を整備し、それを遵守するための啓蒙活動を行う。