ディプロマ?ポリシー(學位授與の方針)

本學は、人類社會のインフラストラクチャーとなったデジタルコミュニケーションの利活用について、その教育?開発?研究の國際的拠點となるべく設置され、「未來生活を創造し発明する大學」というコンセプトを掲げている。拠って本學の學生は、人間が持つ創造性を最大限活かし、且つ自立した人間として社會に貢獻する人物となることが期待される。従って本學のデジタルコミュニケーション學部デジタルコンテンツ學科における學位授與の方針は、以下のものを満たすこととする。

  • デジタルコミュニケーション分野で創造的な活動をしていくにあたり、その活動が世界に良い影響を與えることが望まれる。その判斷を行うためには、新舊、世界のさまざまな人類の英知を身につけることが重要である。教養を創造の源泉と捉え、自らの良心に従って創造物の是非や価値を判斷できる判斷力を持つこと。
  • デジタルコンテンツ制作技能を身に付けることにより、自らの考えや判斷を表現すること、または他者の考えや判斷を他者に代わって表現することが可能となる。そのためデジタル技術を利用する様々な演習科目を適宜習得し、専門的な制作技術を身に付けること。
  • 世界の人々と創造的な活動ができるコミュニケーション能力を身につけるために、語學力を付けること。日本人學生においては、とくに英語関連科目の習得や留學制度を利用することにより、英語力を向上させること。留學生においては、將來の日本での就職も鑑み、より深く日本文化を理解し、それに根ざした表現をできるように、日本語力を向上させること。
  • 人々が幸せに生きることに貢獻することを念頭において作られた本學の標語「すべてをエンタテインメントにせよ!(Entertainment. It’s everything.)」の指針を踏まえた、卒業制作(作品?研究論文?調査報告書など)を、本學での學習と體験の集大成として仕上げ提出すること。

以上のことを満たすように設計されたカリキュラムを、本學學則に定める期間在學し,所定の授業科目を履修して124単位を修得することにより、學士(デジタルコンテンツ)を授與する 。