カリキュラム?ポリシー(教育課程の編成方針)

本學部は、學位授與の方針(ディプロマ?ポリシー)に基づき、
下記の方針に従って教育課程を編成し実施する。

教育課程 編成方針

カリキュラム概念図
カリキュラム概念図
拡大

1. 初年次教育(カリキュラム概念図①)

1年次では専門科目を學ぶ前に、「概論」と「セルフディベロップメント科目」を中心に學ぶ。「概論」では本學で學ぶデジタルコミュニケーションとはどのようなものか、この分野を學ぶ意義は何かを學ぶ。「セルフディベロップメント科目」では基本的なコミュニケーション力と、それをもとにしたグループ活動などの考え方と方法を學ぶ。

2. 専門教育(カリキュラム概念図②)

専門科目は、領域を一つに絞らずに複數の分野を並行して學ぶことが出來る。また、4年間の學修フェーズを「スタートアップ」「基礎フェーズ」「応用フェーズ」「ゼミ?卒業制作」の4つに大別し、學生は各フェーズの履修登録時に、これまで學習した領域について、継続して深めるのか、もしくは新たな領域を學修することにより対応の幅を広げてゆくのか、自らの適性等を鑑みながら段階的に學修を進めてゆく。

3. 國際教育(カリキュラム概念図③)

英語の修得に重點を置き、1年次はレベル別の少人數クラスにて個々に必要な基礎力を培う。2~3年次は、映像、ゲーム、デザイン等、本學部で扱う専門領域に関する英語を學修し、3~4年次はビジネスに纏わる英語を學ぶ。留學生は日本語の修得に重點を置き、1~3年次にかけて、レベル別の少人數クラスにて段階的に學修する。また、本學部で扱う領域の専門用語についても重點的に學んでゆく。そのほか、希望する者は、2年次後半から3年次前半にかけて、最長1年間の英語圏への留學制度を選択することが出來る。

4. 教養教育(カリキュラム概念図④)

新舊、世界のさまざまな人類の英知を身に付けるため、多種の教養科目を設置している。一つの內容を深く掘り下げるのではなく、全8回に凝縮された教養を數多く學ぶことで、自身の中に多數の創造のきっかけを植えつける。また、教養とは、その必要性を自覚して初めて涵養されるものであることから、基本的に2年次以降の配置としている。

5. 學外活動(カリキュラム概念図⑤)

本學部では、學內での知識や技術のインプットだけでなく、実踐を通じたアウトプットによる理解の深化や知識?技術の定著にも重きを置いており、インターンシップやPBL等の企業や社會との協働による活動に関する科目や制度を配置している。

教育課程 実施方針

1. アクティブラーニングの活用

各授業でアクティブラーニング手法を用い、學生に能動的に學ぶ姿勢を持たせる。グループディスカッション等を通して、學生が主體者意識を持ちながらインプットとアウトプットを繰り返すことにより、學習內容の定著率を高める。

2. 実務経験を有する教員の登用

21世紀のデジタルコミュニケーションは劇的なスピードで変化していることから、理論だけでなく実務の実態も正確に捉えている実務経験を有する教員を主に配置している。學生にとってより身近な題材を扱いながら授業が進められることにより、學生の興味と理解の深化に繋げることが出來る。

3. 実務経験を有する教員によるゼミおよび卒業制作指導

3年次後期から4年次前期に渡るゼミにおいても、実務経験を有する教員が多く擔當し、理論に実務の実態を織り交ぜながら、専門領域の知識や技術の深化を図ることができる。また、4年間の集大成である卒業制作課題の指導も擔當し、當該擔當教員の専門領域だけでカバーができない場合は、他の実務経験を有する教員と連攜し、卒業制作課題の內容に添った指導を行う。

4. クォーター制の採用

短期集中による學修効果の向上や、期の細分化による課外活動の利便性の向上、國際標準化による海外留學の促進等を目的とし、1年を4學期に區分している。學生は、例えば一つの學期と長期休暇を組みあせて、相応の期間を留學することに加え、國內で実施される授業についても、留學により潰されることなく履修できるなど、自身の裁量で様々な學修計畫を立てることが出來る。

5. FS(フィードバックシート)の実施

教員の指導の質向上や、學生の能動的な授業參加を促進するため、學生は毎回の授業後にFS(フィードバックシート)を提出する。教員はFSを確認することで學生の理解度などを把握することができ、そこに記載された質問や要望については、翌週の授業にて回答や反映をしてゆく。FSとは単なる授業アンケートではなく、教員と學生との間の、授業をより良くするためのコミュニケーションツールである。

6. 単科大學?小規模であることの利點

複數領域の學修が、同一學科內で可能であることにより、一つの大學組織の中に様々な領域を得意とする學生や院生、教員や研究員が存在する。且つ、小規模大學であるため、本學學生は、自身が履修していない科目の擔當教員へのアクセスや、異なる専門領域を得意とする學生、院生とのコミュニケーションが容易い狀況になっている。この環境とキャンパスの立地を活かし、他大學や他研究機関、
企業等とのコラボレーションを促進している。