學長メッセージ
學長メッセージ

デジタルという力で
人々の幸せを
アップデートしてほしい

あるべき世界を自ら構築できるチャンス。
必要なことはクリエイティビティだ。

21世紀になって20年、今や高速なデジタルネットワークとあらゆるモノに入り込んだ無數のコンピュータたちが地球の表面を覆っている。太い送電線を辿れば、ひと目につかない場所に設置された想像を絶する臺數のサーバーがクラウドとなり、全世界の人々から発せられる情報を集め、その中で人工知能たちがビックデータを食べながら瞬時に事を決定し、私達の日常を作っている現実を知るだろう。今や人類は20世紀とは全く異なる世界に住んでいる。デジタルコミュニケーションが空気のように、人類が生きるための環境となってしまった世界だ。

しかし、それに気付こうともせず、20世紀の世界観のまま社會を動かしていけると信じる者もいる。それが幻想であったことはこの10年ほどで急成長した無數のICT系の企業を知れば明らかである。デジタルコミュニケーションを基盤として新たな事を起こすことにより、全世界の人々に深く影響を與えることが可能となることが自明となった今、実は私達自身があるべき世界を自ら構築できるチャンスなのだ。そこで必要なことは個人のモチベーションに裏付けされたクリエイティビティだ。

個人のクリエイティビティがデジタルコミュニケーションを使いこなすとき、ヴァーチャルとリアルの世界の區別は無くなり、魔法のような事を起こすことができるようになる。その力を得るための様々な學びとプロジェクトが用意されているプラットフォームが、デジタルハリウッド大學である。人類が手に入れたデジタルという新たな力で人々の幸せをアップデートするのは皆さんの世代だ。

自由と幸せを願って。

杉山知之

デジタルハリウッド大學 學長 杉山知之/工學博士

1954年東京都生まれ。87年よりMITメディア?ラボ客員研究員として3年間活動。90年國際メディア研究財団?主任研究員、93年日本大學短期大學部専任講師を経て、94年10月デジタルハリウッド設立。2004年日本初の株式會社立「デジタルハリウッド大學院」を開學。翌年、「デジタルハリウッド大學」を開學し、現在、同大學?大學院?スクールの學長を務めている。2011年9月、上海音楽學院(中國)との合作學部「デジタルメディア蕓術學院」を設立、同學院の學院長に就任。福岡県Ruby?コンテンツビジネス振興會議會長、內閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査會委員を務め、また「新日本様式」協議會、CG-ARTS協會、デジタルコンテンツ協會など多くの委員を歴任。2016年より「一般社団法人デザイン&テクノロジー協會」理事長。99年度デジタルメディア協會AMDアワード?功労賞受賞。著書は「クール?ジャパン世界が買いたがる日本」(祥伝社)、「クリエイター?スピリットとは何か?」※最新刊(ちくまプリマー新書)ほか。 ■學長Facebook『SugiyamaStyle』連載中 https://www.facebook.com/SugiyamaStyle

ホーム
久久影院-国产久久亚洲美女久久